ガジェット考察

とあるメーカーの若手ハードウェアエンジニア。スマホなどのガジェットやアプリの考察、たまに雑記など。

【DIY】壁美人で棚を作成した話

f:id:kodawarism:20180508234400j:plain

公開日:2018/07/08

 

私事ですが、4年住んだ家を出て新しい家に引っ越しました。新居は非常に快適なのですが、トイレ兼脱衣所に収納がありませんでした。そこで、壁の空いたスペースに壁美人で棚を作製しました。今回はその時の強度計算や材料選びについて、備忘録も兼ねて記事にします。

 

続きを読む

【レビュー】スマートコンセントGeekbesの1.5Mを購入しました

f:id:kodawarism:20180520115333j:plain

公開日:2018/05/21

 

自宅スマート化の一環として、スマートコンセントを導入しました。そこで、今回は導入したGeekbesの1.5Mのレビューを行いたいと思います。

 

スペック

今回私が購入したのは、Geekbesというメーカーの1.5M品です。以下に大まかなスペックを載せておきます。

  • 入力電圧:100V〜240V
  • 定格電力:1250W
  • コンセント口数:4口
  • USB口数:4口
  • USB供給電流:1口最大2.4A、4口合計20W*1
  • プロトコルWi-Fi
  • 周波数:2.4GHz
  • サイズ:24.2 x 17.6 x 2.6 cm

 

 

レビュー

外観

まずは外観です。コンセントが4口、USBが4口設けられており、全体の大きさは通常の電源タップよりも少し大きい程度です。ユーザーマニュアルは付属していますが、全編英語です。

f:id:kodawarism:20180520095419j:plain

また、プラグ部分は3線式となっており、日本のコンセントには合いません。Geekbes側が3線式なのは問題ありませんが、壁のコンセントに挿すには変換プラグを使用する必要があります。

f:id:kodawarism:20180520095448j:plain

 

専用アプリ

Geekbesのスマートコンセントには専用のアプリが用意されています。こちらのアプリを使用することで、スマートフォンからコンセントのON/OFFを操作可能となります。

play.google.com

 

ペアリングと設定

上でも述べましたが、ユーザーマニュアルは英語です。しかし、マニュアルは読まずにアプリの指示に従うだけでも簡単にペアリングできました。以下にペアリングの手順を簡単にご紹介します。

f:id:kodawarism:20180520102606j:plain
f:id:kodawarism:20180520102616j:plain
f:id:kodawarism:20180520102624j:plain

まず初めにアプリを起動してユーザー登録を行います。登録をタップします。電話番号かメールアドレスとパスワードを入力します。パスワードは6文字以上20文字以内の英数字の組み合わせでないと登録できませんでした。

f:id:kodawarism:20180520103157j:plain
f:id:kodawarism:20180520103212j:plain
f:id:kodawarism:20180520103226j:plain

次にスマートコンセントを追加します。デバイスの追加を選択し、スマートモード*2のための位置情報の取得を許可します。登録できるデバイスが列挙されます。今回はコンセントを登録しますのでソケットを選択します。

f:id:kodawarism:20180520104149j:plain
f:id:kodawarism:20180520104156j:plain
f:id:kodawarism:20180520104204j:plain

ソケットを選択したらスマートコンセント本体を壁のコンセントに挿します。すると、電源ボタン周りに配置されたサインランプが点灯します。アプリに表示された位置と異なるので注意が必要です。電源ボタンを2秒以上長押ししてサインランプを早い点滅(1秒に2回)にさせます。*3早い点滅になっていることが確認できたら確認をタップし、Wi-Fiのパスワードを入力します。この時、スマートフォン側も一旦2.4GHzのSSIDに繋ぐようにしてください。暫く待つとデバイス登録が完了しますので必要に応じて適当な名前を付けます。

 

アプリからの操作

アプリの初期画面とコンセント操作画面はこのようになっています。

f:id:kodawarism:20180520105336j:plain
f:id:kodawarism:20180520105346j:plain

操作画面ではコンセント毎に名前を付けることができ、タイマーを設定することも可能です。 アプリを操作した際のコンセント側の反応はラグもなくとても快適です。また、コンセントをON/OFFする際、カチッという内部のリレー回路がスイッチする音が聞こえるため、本当に操作できたかもすぐに分かります。

 

Alexa連携

Geekebesの1.5Mはアプリ以外に、Amazon EchoGoogle Homeからも操作可能です。私はAmazon Echoを使用していますので、Alexaと連携させてみました。こちらもマニュアルに沿って進めていきますが、スキルを検索した後は表示に沿って進めるだけで簡単に登録できます。

f:id:kodawarism:20180520110725j:plain
f:id:kodawarism:20180520110735j:plain
f:id:kodawarism:20180520110801j:plain

Alexaアプリを起動し、メニュー > スキルをタップします。「jinvoo」または「Geekbes」と入力し、Geekbesのスキルを検索します。見つけられたらスキルを有効にします。

f:id:kodawarism:20180520111632j:plain
f:id:kodawarism:20180520111647j:plain
f:id:kodawarism:20180520111833j:plain

先程登録したアカウントでログインします。権限付与をタップすれば正常にリンクされます。リンクされたらウィンドウを閉じてデバイス検出を行います。

f:id:kodawarism:20180520111851j:plain
f:id:kodawarism:20180520111915j:plain
f:id:kodawarism:20180520111945j:plain

端末の検出をタップすればそのままデバイス検出が始まり、正しく終了すると6つの新しいデバイスがAlexaアプリのスマートホームに追加されます。

これでAlexaから音声でコンセントのON/OFFを切り替えることができます。上記の例ですと、「Alexa、Macbook AirをON(またはOFF)にして」でそのスイッチがON(またはOFF)になります。

 

その他

アプリ

今回はJinvooというアプリで説明を進めていきましたが、こちらのGeekbesアプリでも登録ができました。

play.google.com

アプリのUIデザインは配色が違うだけでほぼ同じです。また、デバイスの登録方法も全く同じなので何が違うのかは不明です。ただ、アプリの最終更新がJinvooの方が新しいため、今後はJinvooのアプリをメインにメンテしていくのかもしれません。ホーム画面と操作画面の比較を載せておきます。

f:id:kodawarism:20180520105336j:plain
f:id:kodawarism:20180520121034j:plain
左が「Jinvoo」右が「Geekbes」。ホーム画面はデザインは同じだが配色が違う。
f:id:kodawarism:20180520105346j:plain
f:id:kodawarism:20180520121050j:plain
左が「Jinvoo」右が「Geekbes」。操作画面は配色まで全く同じ。

ただし、2つのアプリを同時に使うことはできないようで、片方に登録すると片方からデバイスが削除されます。私はJinvooの方を使っています。

 

手動のON/OFF

Geekbesの1.5はアプリやスマートホームからのON/OFF以外に、電源ボタンを押すことで手動でON/OFFを切り替えることが可能です。しかし、手動でのON/OFFの切り替えは一括ON/OFFのみで、コンセント4口とUSB4口それぞれを操作することはできません。

 

 

まとめ

今回はスマートプラグGeekbesの1.5Mのレビューをしました。スマートプラグは初めての購入でしたが導入はとても簡単でした。また、アプリのUIも最近のマテリアルデザインで使いやすいですし、アプリ自体の動作やプラグのスイッチを操作した際のレスポンスも早くとても満足しており、オススメです。

 

 

 

 

*1:USBなので5V供給とすると最大4A。

*2:位置情報や時間をもとにプラグを制御する機能です。

*3:私の場合はコンセントに指した時点で早い点滅となっていました。

無線式リモコン対応LED R1R2R3/raccoltoをスマート化する【前編】

f:id:kodawarism:20180504172146j:plain

  

公開日:2018/05/10

 

Amazon Echoを購入以来、部屋の照明をスマートホーム化しようと考えていました。スマートLEDとして有名なPhillips Hueには不満(機能と値段)があったため、他の方法を考えたところ、現在使用している無線式LED照明をスマート化するのがベストとの結論に至りました。そこで、今回と次回で無線式LEDをスマート化していこうと思います。

 

続きを読む

【レビュー】MacでBlu-rayを再生できるMac Blu-ray Player Pro

f:id:kodawarism:20180502180158j:plain
jp.macblurayplayer.com

 

公開日:2018/05/03

 

我が家はBlu-rayレコーダーがなく、Blu-ray Diskの再生環境がなかったためMacで再生環境を整えました。今回は、その時に購入したMacgoのMac Blu-ray Player Proのレビューを行います。

 

続きを読む

Samsung Galaxy S9とGalaxy A8 2018を比較してみた

f:id:kodawarism:20180318102523j:plain
www.samsung.com

公開日:2018/03/19

 

先日のMWCで、SamsungからGalaxy S9が発表されました。Galaxy A8 2018が欲しいな〜と思ってアクションを起こしていないうちに次世代フラッグシップが発表されてしまう形となりました。そこで、今回はGalaxy S9とGalaxy A8 2018の比較をしてみようと思います。

 

続きを読む

Node-REDを用いてRaspberry PiとAmazon Alexaを連携させる方法

 

f:id:kodawarism:20180307000152j:plain
bleedingcode.com

 

公開日:2018/03/07

 

今回は、Node-REDを用いてRaspberry PiAmazon Alexaを連携させる方法をご紹介します。これらを連携させることで、「スマートホームスキル」で様々な指示を出すことができます*1。また、Raspberry Piを経由させますので、Amazon Alexaに特定のプログラムのトリガーをかけさせるなど、様々な動作ができるようになります。

 

*1:通常のカスタムスキルでは「Alexa、〇〇で▲▲して」というように◯◯の部分が必要になりますが、スマートホームスキルを使うことで◯◯を言わずにAlexaに指示することができます。(例えば「Alexa、テレビ付けて」や「Alexa、4chつけて」など)

続きを読む

【2018年02月更新】Raspberry Pi 3 Model Bの初期設定(SSH/VNCの設定まで)

f:id:kodawarism:20180222214720j:plain

 

公開日:2018/02/23

 

今更ですがRaspberry Pi 3 model Bを購入しました。もはや200番煎じくらいですが、Raspberry Piの設定方法は少しずつ変わっているようなので、現時点での初期設定方法をご紹介します。今回はOSのインストールからSSH/VNCを使えるようにするまでの方法を説明します。

 

続きを読む